ゲームの中にいる

自分の趣味について語るブログ。

【MHW:IB】抜刀大剣をオススメしたい理由

ネタバレ注意。

 

MHWの大剣といえば真溜め斬りに特化した装備で超火力を叩き出すのが一般的でしたが、これはモンスターの動きを把握して弱点に真溜めを当てることができる腕前が必要です。

真溜めは動作は長いし大きく移動するし攻撃後の隙は大きいしでかなり使いづらく、かといってこれまで通り抜刀攻撃を主力にすると火力が伸びないので、過去作と比べて扱いが難しくなりました。

 

アイスボーンでは抜刀大剣が強力になったので、真溜め運用よりもこちらをオススメしたいですね。

 

新スキル「冰気錬成」が強力

 

装備はこんな感じです。

 

f:id:ushimiya:20190922070031j:plain

 

武器はラスボスの大剣でいつもの無属性高攻撃力の奴ですね。大剣は属性値を気にしなくてもいいのでラスボス武器との相性は抜群です。

 

防具はイヴェルカーナの装備であるEXラヴィーナですが、防具だけで抜刀術【技】Lv3、納刀術Lv3と抜刀大剣を使って下さいねとばかりに相性のいいスキルが発動します。

 

f:id:ushimiya:20190922070410j:plain

 

そして特筆すべきはEXラヴィーナ装備を4部位以上つけることで発動するシリーズスキル「冰気錬成」で、武器を納刀中に攻撃力が上昇し攻撃する度に威力が低下していくというこれまた抜刀大剣使えよって感じのスキル。

 

このスキルが非常に強力で、抜刀攻撃だけで戦う状態でも十分火力が出るようになりました。

レーニングエリアの柱にこの装備で抜刀攻撃を当てた際のダメージは攻撃力が最大まで上がった状態なら300、最低の状態だと231です。およそ1.3倍ぐらい違いますね。

使ってみると分かりますが、攻撃力が最大になるのがかなり速いのでダウン時など殴り放題の状態でなければ常に最大火力の抜刀攻撃を叩き込むことができます。

 

マルチプレイ、高速モンスターとの相性がいい

 

ソロプレイであれば常に自分が狙われるので気にしなくてもいいですが、マルチプレイの場合は自分以外の離れたプレイヤーも狙われるのでモンスターが動き回ることが多いです。

この状況でただでさえ当てにくい真溜めを当てて火力を出すのは困難なので、チャンスタイム以外はチマチマ抜刀攻撃を当てていくことになります。

乗りが狙える操虫棍がいたり吹き飛ばしを積極的に狙えるならいいですが、その辺を気にせず殴るだけのメンバーだとあまりチャンスタイムが訪れないので真価を発揮することは難しいですね。

そもそもイャンガルルガのように動きが速すぎて溜めてる場合じゃないっていうモンスターもいますしね・・・。

 

抜刀大剣であれば納刀状態で追いかけてちょっとした隙に抜刀攻撃を当てるだけでそこそこのダメージを与えられます。

チャンスタイムになったら一旦武器を閉まって当てやすいポジションに移動しつつ攻撃力を最大にした抜刀溜め3を弱点に叩き込むことができます。

真溜め運用と比べて火力はどうしても下がってしまいますが、扱いやすさや安定感ではこちらが上ですね。

 

クラッチクローとの相性は悪い

 

というわけでオススメな抜刀大剣ですが、難点もあります。

新要素であるクラッチクローでモンスターに張り付き、武器で攻撃すると張り付いた部位に傷をつけて与ダメージを増やすことができます。

これが武器毎にモーションが違うわけですが、大剣の場合はやたらモーションが長いだけでなくヒット数も無駄に多いので斬れ味の消費がマッハです。

ラスボス武器はさっき見てもらった通り匠をつけてようやく紫ゲージが出現するほど斬れ味が悪いので、クラッチクローを使うとすぐに斬れ味が悪くなってしまいます。

そして新スキルの冰気錬成は1ヒット毎に威力が低下していくので、クラッチクロー攻撃1回で攻撃力が最低まで下がります。

というわけでクラッチクローでガンガン傷をつけたい場合にはちょっと相性が悪いですね。

【MHW:IB】本編クリア後の感想

f:id:ushimiya:20190916155647j:plain

パチスロ楽しい。

 

クラッチクロー楽しい

今作から追加されたクラッチクローですが、部位を傷つけて与ダメージを増やしたり、スリンガー弾を当ててモンスターを吹き飛ばすことで壁にぶつけてダウンを取ったり、ギリギリまでしがみついて味方に殴ってもらったりといろいろできて楽しいですね。

モンスター側にも通常の怯みの他にいかにもクラッチクロー使ってくださいとばかりに特殊怯みが追加されているので、クラッチクローを使ってもよし不要なら普通に殴っても良しと単純にハンター側が有利になっているだけなのでストレスは少ないです。

怒り時は吹き飛ばしが使えない、モンスターが攻撃を行うと被弾して吹き飛ばされるなどタイミングを考えて使わないといけないようになっているのもいい調整だと思いますね。

 

スリンガー弾がゴミじゃなくなった

今まではあんまり使いどころがなかったスリンガー弾ですが、今作ではクラッチクローからの吹き飛ばしや新アクションの始動にと用途がしっかりあるので、むしろ常に何かしらのスリンガー弾を持っておきたいぐらいになりました。

例えば私が愛用している大剣の場合、スリンガー弾の強化撃ちから真溜め斬りに直接派生できるようになったので、抜刀攻撃→強化撃ち→真溜め3って感じで素早く真溜め3を発動できるのが便利です。

他にも双剣なら一瞬無敵時間の発生する強化撃ちが使えたり、太刀なら攻撃の終わりに納刀して専用の連携に派生できるようになったりと、全ての武器で何かしらの新アクションや新派生が追加されていますね。

とにかくスリンガー弾が実用的になったのはいいアイデアだと思います。

 

モンスター大量追加

といっても過去作から引っ張ってきたのが多いですが、完全新規のモンスターも結構な数が追加されております。

モンスターを狩ることが楽しいゲームなのでモンスター自体のバリエーションが多いのはとても重要ですね。

早速アップデートで10月にはラージャンが追加される予定なので、長いこと遊べそうです。

特にナルガクルガやジンオウガといった大人気モンスターが追加されたのは嬉しいですし、個人的にはイャンガルルガ参戦がとても嬉しいですね。

パッケージモンスターのイヴェルカーナはざっくり言うとあまり飛ばなくなったクシャみたいな感じで、動きは早いものの頭を攻撃して怯ませると大ダウンするので付け入る余地があっていいです。

 

マルチプレイの仕様

MHWでもそうでしたがストーリー進行中でムービーが挿入されるクエストがあり、ムービーを見てからではないと参加できないのが非常に不便です。

フレンドと進行を合わせてプレイしていると、まず同じクエストを別々で出撃してムービーを見て、その後どちらかのクエストに救難信号で参加しないといけないのが面倒ですね。

MHWからストーリーに非常に力を入れているため仕方ない部分はありますが、そのためにマルチプレイのテンポが悪化するのはどうかと思います。

 

エンドコンテンツ面倒くせぇ・・・

今作では「導きの地」という新マップがあり、ここで専用の素材を集めてカスタム強化を行ったりここ限定の新モンスターと戦うのがエンドコンテンツなんですが、これが非常に面倒くさいです。

目当てはカスタム強化と限定のモンスターの素材なわけですが、そのために無関係のモンスターを狩って地帯レベルを上げたりしないといけないのは引き延ばされている感じがしますね。

報酬がよく効率的な同じモンスターをひたすら狩り続ける(ゴリラハンター)のを回避したいという開発者の意思を感じますが、そもそも一部の最強装備の素材となるモンスター以外に用事がないのを何とかした方がいいんじゃないかと思いますね。

例えば雷属性の武器ならトビカガチ(orアンジャナフ亜種)の武器からスタートしてジンオウガ→キリンに派生するみたいな感じにしたりとか。

この4体それぞれの最終派生があっても結局一番強い1本と攻略途中で早い段階で作れる1本しか作らなくてもいいので、いっそのこと統合して色々なモンスターを満遍なく狩ることで最強武器に派生できるみたいな。

全ての武器を作るというやりこみプレイヤーなら色々な武器があった方が燃えるかもしれませんが。

 

 

不満はあれどいつも通り安定して楽しいですね。

クリアまでたどり着けるゲームの条件

社会人の方には理解していただけると思うが、ゲームをクリアするのは意外と大変である。

仕事や他の趣味で忙しかったり、途中で飽きてしまったり、プレイ中に他の気になるゲームが発売されたりと理由は色々あるが、とにかく学生時代と比べてゲームをクリアできる本数が減るのは仕方ない。

とはいえそんな状況でもクリアまで遊んでしまうゲームはあるもので、個人的なクリアまで行きやすいゲームの特徴をつらつら書いておく。

 

快適

最近クリアしたゲームなら「デモンゲイズ2」がこれに当たる。本作は一度踏破したマップの座標を指定するとそこまで高速移動することができ、非常に快適だ。

しかも回転床や強制移動するといったギミックがあっても、一度突破していれば自動で回避してくれるので下手に自分で移動するより使った方がいいレベル。

また装備をトレハンするのが楽しいDRPGなわけだが、サークルと呼ばれるダンジョン内の特定の場所にジェムと呼ばれるアイテムを捧げることで、特定のアイテムを狙ってトレハンができる。

例えば剣のジェムをサークルに捧げて出てきた敵を倒すと必ず敵は剣をドロップする。

こういった快適さは非常に重要でプレイしていてストレスが少ないし、何より短い時間でも遊べるので社会人に優しい。

 

上達を求められる

今絶賛プレイ中のモンスターハンター:アイスボーンがまさにこれ。装備の強化やアイテムの使用で補うことはできるが、基本的にモンスターの動きを把握して反撃できるように上達することが求められる。

ボタン連打でどうにでもなるゲームは一見すると楽なのでクリアまで行きつきやすそうに感じるが、実際は途中で飽きて放置してしまう。

そもそもゲーム自体が面白くなければ途中で止めるよねって話だ。

また上達しなくても良さそうなRPGにしても敵の弱点とか行動パターンを覚えたり、複雑なシステム(ゼノブレイド2の戦闘とか)を理解したり、良さげな稼ぎスポットを見つけたりと知識的な意味での上達が感じられると楽しい。

 

ストーリー性が薄い

ストーリーが面白くなければ続きが気にならなくなって飽きるのでは? と思った方もいるだろう。

私も実際ストーリーの続きが気になって一気にクリアしたゲームもあるし、苦手だけど結末を見届けたいと思って頑張ったゲームもある。

そうして感動のエンディングを見て「プレイして良かったな」と思うのも悪くない。

悪くないんだが逆に言うと「もうこの物語も終わってしまうのか・・・」という寂しさから進行が止まってしまったり、過酷な展開が続いて見ていて辛いといったこともあり、実はストーリーなぞあってないようなものってゲームの方が気楽にプレイできたりする。

なので私はストーリー部分が酷くてもゲームとして面白いゲームは普通に楽しめるプレイヤーだろう。

だが大体ストーリーがつまらないゲームはゲームプレイ自体もつまらないことが多いが・・・。

 

こんな感じだろう。

注意しておきたいのはここに書いてある傾向から外れたゲームがつまらないというわけではないことだ。

無双シリーズのように簡単な操作で多数の敵を薙ぎ払う爽快感を目的にしたゲームはボタン連打でのごり押しが楽しいわけだし、ウィザードリィライクなゲームのように不便なものの帰り道のことを考えてリソース管理をすることもゲームの一部となっていることだってある。

 

ここ最近のゲーム事情

最近やったゲームを振り返るの巻。

 

ディアブロ3

f:id:ushimiya:20190707161517j:plain

飽きてもたまにやりたくなるゲームってあるよね。

私にとってディアブロ3がまさにそれで、トロコンするついでに使ってなかった他のクラスで遊んでいる。

現在のディアブロ3はグレーターリフトで高みを目指すのがエンドコンテンツなんだけど、アプデで追加された要素なのでトロフィーに全く関係ない。

なのでトロフィー目的の場合はやらなくてもいいが、トロフィーがないからやらないのは個人的に勿体ない気がする・・・。

また時間泥棒なので程々にしておかないと人生溶かされるので注意。

 

Apex Legens

週末しかやってないので一向に上手くならない。まあしょうがないよね。

対戦ゲームって上達するのが楽しいし、ゲーム自体が面白ければ何百時間と遊んでられると思う。

ただそこまで気力やモチベーションが続けばの話だが。

アプデで色々変わったのでまたがっつり遊びたい。できればフレンドと。

 

Devil May Cry5

私はダークソウルがアクションゲームの一つの到達点だと思っているが、もう一つがDMCシリーズ。

かっこよすぎる主人公、かっこいい武器、かっこいい技が合わさってアクション部分が楽しすぎる。

DHモードをサクッと一周してもいいし、難易度の上がったSOSやDMDでSランクを目指してみるのも楽しい。

スタイリッシュポイントをしっかり稼げるように考えたり、とにかくかっこいいコンボを練習したりと色々楽しめる。

もう本当に最高なゲームだと思います。ただ2週目以降のムービースキップが面倒くさいので、オプションにイベントを自動でスキップしてくれる項目が欲しい。

 

こんな感じか。どれもブログで記事を書けそうだなと思いつつ時間がないということで放置。

そういえばブログが既に1周年を超えてました。私は1年以上長く続いたブログがないので個人的には偉業であり、ゴールドトロフィーぐらいの価値はあることだと思う。

まあ単に消さずに放置してただけなんだけどね。これからもよろしくお願いします。

積みゲー消化について思うこと

個人的な積みゲーの定義なんですが、

  • オフラインゲームで未クリア
  • psplusのフリープレイ以外
  • やりたいと思っているもの

の3つの条件を満たしているものを積みゲーということにしています。

例えばどうしても合わなくて途中で止めてしまったゲームの場合、これを積みゲーとして消化しようとするとゲームを楽しむことができません。

積みゲー消化そのものを楽しめるのならそれでいいと思いますが、そうじゃないのならつまらないゲームはやらなくてもいいと思いますね。

 

またフリープレイのゲームはお金を払って手に入れてはいるものの、中には興味のないゲームがフリープレイになることがあります。

これも含めてしまうと面白くもないゲームをやらなければならなくなりますし、数が膨大なのでいつまで経っても終わる気がしません。

なのでフリープレイも例外としていますが、もちろんやりたいゲームがあるならやりますけどね。

 

オンラインゲームに限ったことではないですが、クリアの概念がなかったりするゲームもあるので、これもカウントしていません。

もしくは自分でゴールを決めてここまでやったら消化できた、ということにすることが多いです。

モンハンなら全てのモンスターと顔合わせをして、使っている武器の装備を仕上げたら終わりとかですかね。

もちろんアプデでやりたいことが増えたりしたら手を出しますが。

 

とにかく積みゲーも何も関係なくやりたいゲームをやりたい時にやりたい時間だけやることにしています。

 積みゲー消化は無理にやるものじゃないと思いますし、やりたい新作のゲームが出たら放置してそっちを遊ぶべきだと思いますね。

【ApexLegends】マウスでAIMするの難しすぎる・・・

最初に断っておくとPC版でやっております。

 

PC版の対戦FPSの動画を見ると大体の人が敵に狙いがあってて、一部のプレイヤーだと吸い付くって表現が適切なほど正確なAIMが見えます。

なので自分もマウスならそれなりにできるようになるのかなと思ってたんですが、そういうわけでもなさそうです。

パッドの方が使い慣れているというのもあると思いますが、ここまでマウスのAIMが難しいとは思いませんでした。

的が大きい近距離でもまともに狙いをつけるのが難しいんですが、練習すればできるようになりますかねぇ。

 

またPC版の場合は周辺機器にある程度お金をかける選択肢が出てきます。

PS4ではコンバーターを使った所謂マウサーになるつもりはありませんので(金欠なだけ)それほどお金はかかりませんが、PC版となるとキーボードやらマウス、果てにはマウスパッドなどなど設備投資できる点は多いですね。

PC本体のスペックを上げて快適にプレイできるようにしてもいいですが、そうなるとPS4本体が数台買えてしまうなんてことも・・・。

その辺を含めるとPS4版をパッドで遊ぶのもありな気がしてきましたね。

 

毎日やった方が上手くなれるというのは他の対戦ゲームの経験でよく分かってますが、ApexLegens自体のアプデがゆっくりですし、他にやりたいゲームも色々あるのが悩ましいところ。

フリプのDarksidersが面白い

個人的にフリープレイはちょっとマイナーだけどやってみたら意外と面白いっていうゲームを見つけるサービスだと思ってます。

Darksidersもまさにそれで、過去にディスカウントで100円だったGOW3によく似ていますね。

ただあちらと違って似たような武器ばっかりというわけではなく、用途もしっかり用意されているので新しい武器がどんなものかワクワクしながら遊べます。

新しい武器で新しい謎解きをして、それがボス攻略のヒントになっているというお約束もしっかり守っているので、この手のアクションゲーム好きなら楽しめると思いますね。

 

個人的に気になったのが回避であるステップにちょっと癖があるところですね。

本作のステップは移動距離が長いし360度どの方向にも移動できます。さらに攻撃のほどんどを硬直どころか攻撃モーションすらキャンセルすることができます。

これだけ聞くと非常に優秀に聞こえますが、出した後に長い硬直があるので連発できず、回避方向を間違えると被弾が確定します。

無敵時間も長くないので攻撃の射程外に逃れるという避け方になりますし、敵の攻撃のダメージが難易度普通でも大きめなので、意外と歯ごたえのあるゲームですね。

一応ガードもありますがボスの攻撃のほとんどがガード不能だったり、どの攻撃がガード不能なのかよく分からなかったりするので出番は今のところないです。

 

AAA級の大作じゃなくていいからサクッとアクションゲームをやりたいならオススメします。